2009年09月05日

世界文化遺産の登録基準のあれこれ

今日の記事です。その前に人気ランキングを紹介します。本日の人気ランキングはコチラです。それでは本題です。今日は世界文化遺産の登録基準についてです。最近友達からも世界文化遺産の登録基準のことについて聞きますね。

今後、国際記念物遺跡会議による調査が行われることになります。2.ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。たとえば、日本の世界世界文化遺産のひとつである、「法隆寺地域の仏教建築物」の場合、上記の基準の1、2、4.6の基準を満たしていることが認められています。当初は、世界自然遺産への登録を求める方向でしたが、環境整備が整わず、現在はその歴史的背景から世界文化遺産への登録を求めています。

6.顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界世界文化遺産委員会は考えています)。また、「原爆ドーム」は6の基準を、「紀伊山地の霊場と参詣道」については基準の2、3、4、6を満たしているとして、それぞれ登録されました。一方、2007年に暫定リストに記載された富士山の場合、1990年代初めからユネスコ世界世界文化遺産への登録運動が行われてきました。

4.人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。3.現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。世界世界文化遺産の登録基準1.人類の創造的才能を表現する傑作。

5.特に、不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の際立った例。さらに、世界世界文化遺産、世界自然遺産それぞれに一定の基準が設けられ、少なくともそれらのうちの1つを満たしている、と判断される必要があります。世界世界文化遺産の登録には、「顕著で普遍的な価値」をもつことが大前提です。



世界文化遺産の登録基準の関連サイト・ブログを紹介します。


? 資産と一体をなす周辺環境の範囲、それに係る保全措置の概要、又は措置に関する検討状況 (4) 世界遺産の登録基準への該当性(18ページ・90kb) ? 資産の適用種別及び世界文化遺産の登録基準の番号 奈良
www.city.kitami.lg.jp/sitt/iseki.htm


自然遺産の登録基準と 文化遺産の登録基準を併せ持つ複合遺産を特集 長崎
www.dango.ne.jp/sri/ISBN4-916208-43-9.html


世界文化遺産の登録基準についてあれこれ ... 日本、アメリカ、イタリア、フランス、オーストラリア等の世界遺産についてのお役立ち情報、画像を紹介しています。 茨城
worldtrip.t-yuuna.com/cat0001/1000000026.html


「日本の世界遺産めぐり」では、日本の世界遺産登録一覧と暫定リストを紹介しています。京都、沖縄、知床、熊野古道、屋久島、奈良、富士山、石見銀山、白神山地、北海道、白川郷、原爆 ドーム、姫路城他。 上越
ja.wikipedia.org/wiki/世界遺産


なお、世界遺産の登録基準は、2005年2月1日まで文化遺産と自然遺産についてそれぞれ定められていましたが、同年2月2日から上記のとおり文化遺産と自然遺産が統合された新しい登録基準に変更されました 一宮
www.tbs.co.jp/heritage/about/kijun.html

おすすめサイトです 結婚情報サービス ツヴァイ 車買取比較どっとコム 一括査定 
posted by bunkaisan at 23:30| 日本の世界文化遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。